小学館プリマグラフィ

↑の画を600dtpで取り込んだもの↓

小学館プリマグラフィ 拡大

小学館のプリマグラフィ

実は私、島本和彦先生の額装ジクレを持ってます。

この商品がどうしても欲しかったって訳じゃなくて、島本先生の公式サイトで東京キャラクターショーの小学館ブースの出展用に複製原画を製作することになったが、高額商品なので心配だ(大意)というようなコメントを読んで、
島本先生がヘンな業者にダマされてるんじゃないかと心配で心配で、思わず品質を確かめる為に買っちゃったんです。

 

ローソンの通販で、25,200円(額代・送料・消費税込み)

画面サイズ:380×290㎜、額縁サイズ:590×475㎜、総エディション数100、直筆サイン入り

 

水木しげる先生のより安いし、このサイズでエディション数100が3万円前後ならば値段的にはセーフかと(私のは46/100)。

私的には、島本先生の珍しい筆書きサインが入ってるという付加価値があるので、十分オッケーです。
まあ、小学館からの発売なので、アヤシイ商品じゃないだろうとは思いましたが。

キャラクターショー2001(2001年7月21日、22日幕張メッセ)でのサイン会の際、島本先生はわざわざイベントに来て、こんな高額な商品を買ってくれたファンの人には何かサービスしないと申し訳ないから(大意)と、PCで製作した手作りグッズを配布していたらしい。エエ人や…(泣)。2万5千円で「申し訳ないくらいの高額商品」と認識しておられるとは。

同じマンガジャパンの会員No.0017の大先生なんて、サインどころかシリアルNo.すら入っていない、画面サイズ250×205㎜の額装デジタルプリントを6万円で販売しておいて、ギリギリ安いお値段で設定して頂けたしよかつたとかぬかしていらっしゃるとゆーのに。
うう、島本先生のファンでよかったわ、私(脳改造される前に、怪しい組織から逃げて!島本先生!!)。