ソバカスの無くなったキャンディキャンディ…?


『甜甜Lady Lady』シンボルイメージとロゴ

2007年1月27日~3月4日、いがらしゆみこは台湾・三義郷西湖村にある西湖渡假村(レジャーランド)にて、オリジナル新作『甜甜Lady Lady』のイベントを、日本アニメーションと合同で開催しました。

ちなみに中国語圏での『キャンディ・キャンディ』のタイトルは『小甜甜』。
台湾メディアの報道や多くのブログでは、このいがらしゆみこ先生の”オリジナル新作”については、
「小甜甜將改名(キャンディキャンディ改名版)Lady Lady」だの 「新小甜甜(新キャンディキャンディ)Lady Lady」だの、 雀斑消失變小甜甜(ソバカスの無くなったキャンディキャンディ)だのと書かれておりますが、 訂正しなくてよろしいのでしょうか、いがらしゆみこ先生?

「新小甜甜(新キャンディ)」「新安東尼(新アンソニー)」「新陶斯(新テリィ)」
「新小甜甜(新キャンディ)」「新安東尼(新アンソニー)」「新陶斯(新テリィ)
2007, Igarashi Yumiko tried to market new character "Lady Lady" goods in Taiwan.
The "new characters" are very like Candy, Anthony and Terrus.

キャラクターについても、「新小甜甜(新キャンディ)」「新安東尼(新アンソニー)」「新陶斯(新テリィ)」などと報道されているようです。

せっかく新企画に意欲的に挑戦していらっしゃるいがらしゆみこ先生に対して、随分失礼な話です。しかしながら、この「オリジナル新キャラクター」達は未だ名前も決まってないので、仕方がないかもしれませんね。

▲ページトップに戻る

台湾のファンの為に特別に創作された新キャンディキャンディ

記念撮影セット
これって、アニメのEDや単行本4巻カバーのアレでは…。

ついでに指摘しておきますと、『レディレディ』は、英洋子先生の『レディ!!』のアニメ化タイトルで、東映アニメーションの登録商標です(第4373535号号、第4411378号、第4438329号)。

日本アニメーションも社長の本橋浩一氏がいがらしゆみこ先生の同郷で大親友なのだから、あらかじめ教えてあげればいいのに。

…まさか東映が『キャンディ・キャンディ』の商標権を保持しているお陰で『キャンディ・キャンディ』の続編アニメで一儲けし損なったのを逆恨みして、東映に対して喧嘩売ってる訳じゃないですよね、社長。

甜甜ちゃんと「王子様」のバグパイプショー
甜甜ちゃんと「王子様」

このイベントでは、『小甜甜』原畫者五十嵐優美子の原画展サイン会などに加えて、ステージ(小甜甜真人版演出)では名作劇場のキャラクターたちと一緒に、甜甜ちゃんが唄って踊って、更には吹奏著美妙風笛樂聲的王子是甜甜的夢中情人、つまり甜甜ちゃんの憧れの王子様がバグパイプの演奏をする一幕もあったそうです。

いがらしゆみこ先生の「オリジナル新作」は未だストーリーや詳しい設定が決まっていないようですが、キルト姿の「王子さま」がバグパイプを吹く場面が予定されているのでしょうか。楽しみですね。

…と冗談にでもしなければ吐き気を催しそうないがらしゆみこの悪あがき、いつまでも終わらぬ偽キャンディ・キャンディ商売。
山中湖いがらしゆみこ美術館の「ローズちゃん」、エステー化学朝日新聞広告漫画の「ゆみちゃん」以来の伝統ですな。(2007年8月、アスカコーポレーションの「アスカちゃん」もファミリーに加わりました。画像提供者さま多謝!)

台湾TVBS新聞2007-02-01
台湾のTVBS新聞 2007/02/01 より
28年前的版本現在要推陳出新!「Candy Candy」小甜甜、新版本叫「Lady Lady」、少了雀斑、多了美少女氣質。
安東尼的金髮更亮眼、眼睛變成綠色;陶斯的頭髮變得更飄逸、反而有點像金城武。
(新キャンディキャンディ<Lady Lady>は鼻の頭のソバカスが無くなって、よりファンシーになりました。
新アンソニーは金髪碧眼から緑の瞳に変更。新テリィの髪型はよりさわやかに金城武のようになりました
…と解説してある)

イベント開催時期の台北には甜甜ちゃんラッピングバスが走り、。 西湖の畔のホテル長榮桂冠酒店では、新小甜甜『Lady Lady』的主題套房 - Sweet Lady Lady’s Suite…と、「甜甜ちゃんの特別室」が用意されていたとか。

特製イラストラベルのついたワイン(五十嵐優美子簽名紅酒乙瓶)やキャラクターグッズがもらえて一泊15,000+10%NT$(ニュータイワンドル)。日本円にして5万円強か…。

宣伝写真で室内のTVに『キャンディ・キャンディ』のアニメが映ってたり、テーブルの上に『キャンディ・キャンディ』イラスト集や絵本が置かれていたりというのも問題ですが、それ以前にホテルの宣伝文句に為台灣粉絲所特別創作之新小甜甜『Lady Lady』的肖像つまり、「台湾のファンの為に特別に創作された新キャンディキャンディ『Lady Lady』のイラスト」と書いてある時点でアウトでしょう。

▲ページトップに戻る

台湾の愛読者の皆さんと一緒にプロットを考えていきたい

いがらしゆみこは更に台湾のブックフェア「第十五屆台北國際書展(Taipei International Book Exhibition 2007)」に「《小甜甜》原著作者・五十嵐優美子」として参加。
マスコミ取材に対して『甜甜Lady Lady』の商品展開を発表。
「台湾で先行してプロジェクトを発表したのは、台湾の愛読者の皆さんと一緒にプロットを考えていきたいから」とコメントしたとか。

そういえば、山中湖いがらしゆみこ美術館の 「プリンセスローズ物語」も、来館者の意見を取り入れて少しづつ物語を完成させると言っていましたし、倉敷美観地区にあるI LOVE CANDY MUSEUM アイ・ラブ・キャンディミュージアム(運営:株式会社明日絵、社長:三城誠子)の『倉敷物語--はちまん』も、イラストレーターの一乗寺あすか(aka 三城誠子)氏に小説を書かせていましたっけ()。

(尚、倉敷いがらしゆみこ美術館のマスコットキャラ「はちまんちゃん」はめずらしく金髪巻き毛ツインテールではありませんが、ほぼ全てのイラストが過去の『キャンディ・キャンディ』や『ジョージィ!』のトレスです)

世界的名作『キャンディ・キャンディ』の物語は全て自分が考えた、原作者と称している水木杏子はただのサポートに過ぎない、と取り巻きを使って言いふらしていらっしゃるいがらしゆみこ大先生。偉大なるストーリーテラーの才能を発揮して御自分で物語を御考えあそばせばよろしいのに。

2007年5月には台湾郵政公司より、日本アニメーションの『ペリーヌ物語』『赤毛のアン』とセットで、甜甜Lady Lady』のイラスト入り記念切手が発売。

▲ページトップに戻る

いがらしゆみこの版権管理会社が製造した『キャンディ・キャンディ』DVD

一連の『甜甜Lady Lady』グッズの著作権表記は
PIM / Authoring by Yumiko Igarashi

「新小甜甜
Lady Lady」グッズ
キャンディに似てるとか言う以前に、過去絵のトレスなのでは…?

この『キャンディ・キャンディ』もどき『甜甜Lady Lady』の台湾における版権管理会社は齊威國際多媒體股有限公司(Power International Multimedia Inc.)、略称PIM。
PIMでは他に『綠野仙縱 (オズの魔法使い)』や『花田少年史』、日本アニメーションの『小英的故事(ペリーヌ物語)』等の版権管理を行っているもよう。

ちなみにPIMは『喬琪姑娘 Lady Georgie』のDVDボックスをトムスに無断で「五十嵐老師lady lady複製畫」と抱合せ販売した挙句、発覚した途端にそそくさと謝罪とペナルティ金の支払いで済ませました。

PIM『小甜甜
Candy
Candy』DVD-BOX
齊威國際多媒體股有限公司『小甜甜 Candy Candy』DVD-BOX

更には2008年7月に、同年8月1日から8月31日の間、小甜甜 Candy Candy』DVD-BOXを限定生産と告知。
予約特典として2009年度版の「小甜甜 Candy Candyイラスト入り卓上カレンダー」が付くということですが、このカレンダーに使用されているイラストは全て、『甜甜Lady Lady』 用のイラスト…。

PIM『小甜甜
Candy
Candy』DVD-BOX
「小甜甜 Candy Candyイラスト入り卓上カレンダー」…?

そして9月からは通常販売開始。
購入者には先着順で『甜甜Lady Lady』の複製原画が特典としてつくそうです。

更に売れ行き好調につき廉価版まで販売。

ボックスの裏面には
經過多年的不懈努力、總算皇天不負苦心人、製作小組終於從西班牙取得了『小甜甜』115集的完整版母帶及使用發行權利。
「我社の大変な努力と熱情によってスペインから版権を取得して発売可能となった正規版DVD」
として、さながらプロジェクトXのごとき苦労話が披瀝されております。(無論、東映アニメーションは全く関知しておりません)

▲ページトップに戻る

いがらしゆみこの擁護を続ける日本マンガ学会

…いがらしゆみこ大先生、ひょっとして、台湾でなら何やってもセーフって思ってませんか。

確かに台湾はベルヌ条約にも万国著作権法条約にも加盟していないけれど、WTO に加盟してTRIPS 協定(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定)が発効してるんだから、台湾企業には「ビジネスとして他国の知的所有権を守る義務」があるんですが?

一連の偽『キャンディ・キャンディ』イベントに関しては、ノーテンキに楽しんでる人の方が多いようですが、僅かながらも抗議! 不要改甜甜結局!五十嵐小姐可否放過甜甜!とか五十嵐優美子-LADY LADY(偽小甜甜?)的簽名とか、問題意識を持って記事を書いている台湾人ブロガーもいて、ちょっと安心しました。著作権後進国と言われながらも、こういう意識の高い人も育っているんですね。

嘘八百をタレ流して悪質な情報操作を行ってまでいがらしゆみこの著作権犯罪を擁護・正当化している日本マンガ学会著作権部会を称する団体や日本マンガ学会理事・長谷邦夫などの品性下劣な面々に、彼ら台湾ブロガーの爪の垢を飲ませてやりたいものです。

文化庁がWIPO(世界知的所有権機関)と協力して多額の信託基金を拠出し、アジア地域著作権制度普及促進事業(APACEプログラム)を行っている一方、日本の有名マンガ家みずからアジアの著作権保護意識の遅れにつけこんでモドキ商品で一儲けたくらんでいるという現状は、単に『キャンディ・キャンディ』一作の問題にとどまらず、日本の漫画界はおろか日本人全体の民度を問われても仕方のない醜聞ですが、日本マンガ学会を称する団体にとっては、自分達の身内に当たるマンガ作画者の利権の方がはるかに重要な問題なのですね。

▲ページトップに戻る

「新小甜甜 Lady Lady」グッズ

「新小甜甜
Lady Lady」グッズ
日本アニメーションの世界名作劇場と同じシリーズでグッズ化
(ブックマーカー、絵葉書、クリアファイル等)。
「世界名作劇場」のパッケージに入ったブックマーカー本体は
『新小甜甜(新キャンディ・キャンディ)』のロゴ入り。
当時の日本アニメーションで『新小甜甜(新キャンディ・キャンディ)』の
アニメ化企画が動いていたのでしょうか?

小甜甜台北街頭現身 2007-02-09
今日於遠傳館前無限城舉辦的遠傳「懷舊卡通尋夢園」服務上線記者會。
邀請到新小甜甜、喬琪原創漫畫作家五十嵐優美子女士、將親自蒞臨站台、介紹新版小甜甜;
同時請到苗栗三義西湖渡假村「甜甜卡通歡樂節」的真人版小甜甜現身演出、
重新詮釋新小甜甜的甜美俏皮、受到現場大朋友小朋友們的歡迎。
小甜甜在記者會現場翩翩起舞的即景。
いがらしゆみこ来台記者会見にて。
甜甜ちゃんと王子様が、何故か『キャンディ・キャンディ』中国版主題歌に乗ってダンシング。

▲ページトップに戻る

註:『倉敷物語~はちまん』について

2010年、倉敷美観地区にあるI LOVE CANDY MUSEUM アイ・ラブ・キャンディミュージアム(運営:株式会社明日絵、社長:三城誠子)のマスコットキャラクター「はちまんちゃん」を主人公とした小説が、小説版執筆者・三城誠子により『倉敷物語~はちまん~ 夢と愛のコミュニティ・ノベル(ISBN:9784890229253)』のタイトルで自主出版された。

自主出版を担当した出版社は日本地域社会研究所。トータル・パブリッシング・システム(TPS)という自主出版サポートサービスを提供している会社である。


この「はちまんちゃん」というキャラクターは、まず、いがらしゆみこによるイラストレーションが先行して露出・認知された後に、三城誠子による「小説版」が「イラストに合わせて創作された」という過程を経ている。

実際、いがらしゆみこ美術館の公式サイトには「漫画版に先立って小説版をネットで公開」との説明がされていた。つまり、あくまで「いがらしゆみこの絵」が主であり、「三城誠子の文章」は従の立場である。


キャンディ・キャンディ』裁判の間、そして現在もいがらしゆみこが主張している論理によれば、「単に漫画家の絵に合わせて文章を書いただけ」の三城誠子は『倉敷物語~はちまん~』 の原作者ではなく、「はちまんちゃん」というキャラクターの原著作権は漫画家・いがらしゆみこに帰属する事になる(あくまで、いがらしゆみこの今までの主張に従えば、という話だが)

▲ページトップに戻る