はじめに

キャンディ裁判の直接的な契機となった『キャンディ・キャンディ』のプリクラフレームですが…

ネットの一部でこの商品について「イベント限定の試作品」「ショールームに試作機が設置されていただけ」というデマが流れているようです。

ほんの少しでも資料をあたれば虚偽情報であるとすぐに判明するような事ではありますが、たまたま当時問題のプリクラが設置されていたゲームセンターの特集記事が掲載された雑誌(『コミック・ゴン! 第1号 』1997年ミリオン出版刊)を入手したので、公益性を考慮してこのページで紹介する事にします。

(「キャンディ・キャンディ事件」最高裁判決は著作権関連事件について議論する際の重要な基準のひとつとなっており、 資料の公開は版権ビジネスに携わる多くの人々にとって公益性があるとの判断により、当ページ内の画像は「報道目的の引用」としてアップしております)

▲ページトップに戻る

東京ガリバー松戸店

『キャンディ・キャンディ』のプリクラが設置されていたのは、千葉県松戸市の「ピアザ松戸ビル」内にあった「東京ガリバー松戸店」。

この「ピアザ松戸ビル」は、当時上階にバンプレストの本社があり、階下の数フロアがバンプレスト直営の大型ゲームセンター「東京ガリバー」 になっていました(その後本社は移転、現在の東京ガリバーはナムコが運営)。

その為、「東京ガリバー松戸店」には、バンプレのゲームやプライズマシンの新作が他店に先行して設置されていたのです。要するに「ロケテ」の実施店になっていた訳。
マニアの間では有名な店舗であり、私も当時ポケモンのプライズマシン目当てにはるばる千葉まで電車で訪れた事が何度かありました。

プリント倶楽部をはじめとした各社の写真シール機も同様であり、人気ギャルゲーのフレームなどが設置されると普段は新宿や秋葉原のゲーセン常連をやってる面々が松戸まで遠征に来るという光景も見られました。

無論、プリクラの利用は有料です。設置期間中にゲームセンターを訪れた客ならば誰もが利用できます。 全国展開の参考にする為のデータ取りを目的とした先行設置なので「テスト」「試作機」という表現は間違いではありませんが、立派な商行為です。
「イベント限定」「バンプレストのショールームに実験的に設置」は明らかな虚偽、ミスリードでしょう。

(たとえ無料だろうと権利者に無断でキャラクター商品を作成して不特定多数の客に提供するのは違法行為ですが)

▲ページトップに戻る

『コミック・ゴン! 創刊号 』の漫画フレームプリクラ特集

先程から貼っている画像は、全て『コミック・ゴン! 第1号』(発行日1997年11月5日 発売元・大洋図書 発行所・ミリオン出版)P142-143の「マンガ・アニメ ゲームキャラ プリクラ大好き!」という特集記事から取ったもの。

「小島あい」とCOMIC GON!取材陣2名が松戸の東京ガリバーを訪れて同店舗で稼働中の写真シール機で撮り集めた夥しい画像が掲載されています。
別にメディア取材者限定などではなく、ゲーセンを訪れた一般客と同じく普通に利用したものです。

同記事にはバンプレストのロケーション事業部に取材した、営業管理係長(当時)穴水洋一氏のインタビューも掲載されています(クリックで拡大)。

インタビュー内で触れられている「世界で1台」の「ゲゲゲの鬼太郎バージョンのプリクラ」は、同店舗内の人気を踏まえて全国数ヶ所に展開されました。
当初一台のみ設置だったのが、行列の出来る大人気で三台まで増やされた『キャンディ・キャンディ』バージョンも、当然全国展開を見込んでいたのでしょう。

ちなみに写真シール機は様々な会社が製作していますが、同記事内のリストを見るとキャンディの機種は元祖セガ・アトラスの「プリント倶楽部」との事。 ただしキャラクターの版権処理はバンプレストの役目なのでセガ・アトラスは巻き込まれた「善意の第三者」でしょう。

リストに列記されている他タイトルは「石ノ森章太郎」「(あらいぐま)ラスカル」「フランダースの犬」「(あしたの)ジョー」…と、 当時の社長がいがらしゆみこ氏と同郷でアニメ「キャンディ・キャンディ」続編商売を目論んでいた日本アニメーション作品や、 「漫画界の駆け込み寺」を標榜して会員に法の抜け道指南を行なっていた、当時いがらしゆみこ氏が世話人を務めていた「まんがじゃぱん」所属作家の作品が目立ちます。

▲ページトップに戻る

いがらしゆみこ氏の釈明

このように雑誌に取材記事が掲載され、テレビ番組(「王様のブランチ」等)でも女性に大人気!と紹介された堂々たる商行為であるにもかかわらず、 いがらしゆみこ氏やいがらし氏と親しい少数の漫画業界人は未だに「イベント限定の試作品」「テスト」「サンプル」と言い募っているのが外野としては不思議でたまらないのですが…。

ともかくも、いがらしゆみこ氏の公式発言から引用してみましょう。

プリクラの話を、テストケースとして私は承諾しました。あくまでテストケースですから、ギャラも発生しません。
しかし、水木さんに話をして今までのように断られたら、と危惧した私はテストケースが成功した時の方が水木さんに話しやすいと考えましたし、 業者さんもテストが成功したら水木さんに許可を求めようと考えていました。
ところが、水木さんにビジネスの話をする前に、CG処理したキャンディの絵はすばらしく、 たちまち人気ナンバーワンとマスコミに取り上げられたのです。
情報をつかんだ彼女は 「知っていたら断らなかったのに、おゆみは利益を独り占めしようとしている」 と電話で一方的に責め立て、プリクラを中止に追い込み、弁護士をたてて私を訴えてきたのです。
平成11年11月11日付けで いがらしゆみこ公式HP(当時)で公開された「皆さんこんにちは、いがらしゆみこです。」より

これについては水木杏子(名木田恵子)氏が公式サイトで反論しているので、私が論評するよりも、そちらを直接参照したほうがいいでしょう。

<水木は「知っていたら断らなかったのに、おゆみは利益を独り占めしようとしている」と電話で一方的に責め立て、プリクラを中止に追い込み弁護士をたてて訴えてきたのです>(声明文)

これだけ読めば、信じてしまいますね。うまく事実と虚偽をとりまぜていますから。
たしかにプリクラ事件を知ったとき、水木は激怒しました。<その間のことは水木のフジサンケイアドワーク陳述書参照>
<利益云々>について…いがらしさんは<抗議=利益の要求>とうけとるのでしょうか。
わたしは、勝手に行なった事を責めたのです。しかし、反省も弁解もなく「利益」のことばかりでした。
また、プリクラ発覚は5月末。8月に偽版画が発売され、いがらしさんの弁護士から「著作権はない」という書面が届いたあと、9月半ばに訴えたのです。(その間のことは<あらまし参照>)
また、プリクラ事件のとき漫画家協会の高名な漫画家が間に入ってくださったことお忘れですか?
その先生が「水木さん。困りました。いがらしさんは、どうしても謝りたくないといっているんです」と電話をくださったときの、がっかりした気持ち…。
<話し合いの機会をもらえなかった>のはわたしの方です。
水木杏子(名木田恵子)公式サイトいがらしゆみこ氏と下田弁護士の主張について

以下、「試作機」「ショールームに実験的に設置」「テストケース」「商品サンプル」「企画段階」と連呼しまくるいがらしゆみこ氏の主張。

私は試作機なら・・・と一台作ってもらうことにしました。 私が水木さんに最初にこの話をしなかったのは、水木さんからゲーム関係は嫌いであるとずっと聞かされていたので、 まずは試作機を作ってもらってその評判がとてもよかったという実績がなければ絶対にプリクラは許諾してくれないと思ったからです。 試作機は三台作られ、評判を確認するためにバンプレストのショールームに実験的に設置されました。 試作機が三台になったことについては私も知らず後で聞きました。
2000年11月15日付けで いがらしゆみこ公式HP(当時)で公開された「キャンディ・キャンディの裁判について」より

1997年3月 バンプレストから東映・フジサンケイアドワークを通してプリクラの依頼。テストケース1台を許可し、5月にショールームのみでテスト設置。
★2 当初の話はテストケースということだったので、私は通常の場合と同様に商品サンプルを作って説明に来るものと思っていました。そのサンプルを使ったテストをしてみて成功すれば、その実績を水木さんに示して承諾をもらい全国展開をするつもりでいました。大変好評だったのに残念ですが、水木さんの異常な抗議にバンプレストは承諾を得ることを断念しました。水木さんは結果的に好意的に動いてくれた担当者を転勤にまで追い込んでしまい、私は「何もそこまでしなくても。」と言い知れぬ怒りさえ覚えました。
いがらしゆみこ公式HP(当時)で公開されていた「◆訴訟に至る事実経過」より

このプリクラは私が制作会社に対して試作品として1台だけ制作する事を許可し(実際には私の知らない所で3台作られていました。) 同社のショールームでテスト設置されていたものに過ぎません。
大量生産、全国展開という事になれば、当然原作者の許可も取り、ロイヤリティも支払う算段になっていました。
私は、訴えられた時点でも現在でも、そのプリクラに関して一円の対価も受け取っていません。 つまりあくまで企画段階だったのです。
2001年1月31日付でいがらしゆみこが漫画業界人に大量送付した文書「いがらしゆみこから漫画家の皆様へ」より

いがらしゆみこ氏が如何に言いつのろうと、東京ガリバーは「ショールーム」ではないし、長期間有料で一般客向けに設置されていたのは、 いがらし氏の文章で印象付けようとしている意味での「テスト」「試作」ではないですよね(新製品が全国展開前に静岡県内でのみ販売、のような意味合いでの「テスト」でしょう)。

それ以前に、 「キャンディ・キャンディの作品を利用するに際しては、水木杏子の同意が必要である」という内容の契約書を交わしておきながら、 いがらしゆみこ氏が一存で企業と契約を結び、製品化の許諾をした以上は、契約違反で訴えられても当然なのですが。

▲ページトップに戻る