蜘蛛之巣城

けっして一人では見ないでください

力いっぱい掻きむしった乾燥肌に柚子湯が沁みる年の瀬、皆様いかがおすごしでしょうか。私は気が狂いそうです。

えー、わたくし、『カルラ舞う!』と金子玲美&月嶋つぐ美コンビと、長尾文子を目当てに、ほぼ毎月『サスペリアミステリー』を購入しているのですが。

次号より『サスミス』大幅リニューアル!
旧ホラー誌時代の連載陣は『ミステリーボニータ』に移動!
長尾文子作画で『シベリア超特急』連載開始!
更に別冊ふろく『赤川次郎』特集(表紙は中山星香先生)には、いがらしゆみこ先生の『子子家庭は危機一髪』掲載!

どこから…どこから先にツッ込めばいいのですか(泣)。

ホラー誌から国産ミステリのコミカライズ雑誌への転身に泣いて耐え、「風呂ン中で読む分には丁度良いか」と自分を騙すことにようやく成功したと思えば、今度はこの仕打ちかい!

確かに『ミスボニ』と中途半端に路線がカブってるから統合・整理すればいいのに…とは常々思ってましたがね。まさか中山&いがリンがこっちに押し付けられるとは。

長尾作画のシベ超には色んな意味で興味があるが、田中先生シリーズも残留するんだが、流石にこの雑誌に金は出せんぞ、立場上。


ついでだから愚痴らせて下され。ホラー誌くずれ時代の『サスペリア』は、私のような白衣萌えにとってはパラダイスのような雑誌だったのですわ。

破邪の『学校の怪談 アブナイ女教師篇』

タイトルはこんなだが、あろひろし系のマッドサイエンスもの良質短編連作でした。

単行本二巻まで順調に出たから次も出るだろうと油断してたら、リニューアルの波にのまれて沈んだ…。 『チャンピオン』系で拾われて欲しかったよ…。

ヒロインは爆乳マッドサイエンティストの保険医。

付記)その後既刊がぶんか社から未収録分も含めて電子書籍化!どうせなら続編(同一世界観で縁先生も顔出しする『魔獣世紀EX(エクス)』も収録して欲しかった)

長尾文子の死体シリーズ

一冊分単行本化されたが、未収録が何話か。
リニューアル寸前に掲載された蘇生した検視医の話はシリーズキャラクター化前提だったみたいなので残念。

この作家、ものすごく私好みの絵を描く人だなーと思ったら、影丸穣也のアシスタント経験者らしい。

「美しい死体」へのこだわりは、その後の金田一耕助コミカライズで生かされている。

…が、次回作がよりにもよってシベ超とは。

付記1)その後長尾先生は、秋田書店プレイコミックで『医療捜査官・像王』(原作:酒井 直行)という、本領を発揮しまくった作品を連載。
2011年フジテレビ金曜プレステージ枠で『医療捜査官・財前一二三(主演・高島礼子…って、女主人公に変更かっ)』として2時間ドラマ化。
せめて単行本2巻以降の電子書籍化とかナイっすかねぇ…
付記2)長尾先生の金田一耕助コミカライズは全て書籍化、せめて電子化して欲しいんだが…権利関係で問題があるのだろうか?『犬神家の一族』再映画化の際も何も動きがなかったし。

千之ナイフの『Dr.蝙蝠の奇妙な実験室』

ちづる奇譚1

ちづる奇譚1

[著]千之ナイフ

マッドサイエンティストもののナンセンスコメディ。
白衣!洋館!超ミニ+腿丈ソックス!ザッツ千之ワールド!
最近青林堂から単行本化されて一安心。


追記:単行本でチェックしたら、Dr.蝙蝠のコスチュームは白衣ではなく「白衣風のロング丈スーツ」であった。ドクターってば、白衣調上着の上からエプロン付けてバレンタインチョコ作ってるし。…黒皮手袋に幻惑されて誤記憶していたか。

菅生誠司原作、沖本秀子作画の『フィードバック』

ヒロインは大学の化学講師にして殺し屋。
忍者武器の角手に南洋蛸から採取したテトロドトキシンを塗って使うとか、マニアックなネタがツボだった。

これもコミカライズ路線で中途打ち切り。しかも沖本秀子はオキモト シュウと名を変えて、『コミックモーニング』に御栄転。 再開はコンマ以下の可能性に。しくしく。


他にも『恐竜大紀行』(祝・復刊)の岸大武郎が、女子高生マッドサイエンティストものの『ジュリアの法則』を描いてたり。
マッドサイエンティストものがよく載ってたのは、当時の編集者の趣味だったのだろうか。誰だかしらんが「ソウルメイト」と呼ばせてくれ。


それなのに、嗚呼それなのに。一度ならず二度までも。私の心の花園を返してくれい!

この燃え上がる熱いパトスをアンケート葉書に縷々したためて、秋田書店にぶつけますわ。おーいおいおい。私が一体何をした~(血涙)。

それにしても、「増援隊」に「バックアップたい」とルビふるような奴が、サスミス読者から歓迎されるんだろーか?? どこへゆく、秋田書店(金子玲美は、ちゃんと「リーインフォース」と書いていたぞ)。