蜘蛛之巣城

右のものを左に…

「otaku≒非モテ」という先入観

Dramacon Dramacon #1

スコピルの件だけで終わらせるのもナンなので、北米のmanga系作品なう的な話など。

竹熊さんは「主人公がオタクなのに恋愛感が日本のソレと違う」という話のマクラに使うなら、スコピルではなくスヴェトラナ・シマコヴァの『ドラマコン』を例に引くべきだったね。

当サイト内の関連記事:フィメールリーディング 2009-05-13

ドラマコンのヒロインは17歳のアニメ・マンガotakuだけど、非処女で彼氏持ち。アニメコンベンションにも彼氏と共に参加し、宿泊先のホテルでセックスする。
更に、このヒロインはコンベンションの最中に彼氏(こいつもotaku)が他の女の尻を追っかけ回したのがきっかけで険悪になり、そこで偶然であったコスプレイヤーの男といい感じになった挙句、今カレと破局してしまう。

処女厨な日本の男オタどもはビッチビッチ言いそうだが、これが北米otaku女子にとっての「リアリティを保った夢物語」なのだ。

DramaconはScott Pilgrim程の爆発的大ヒットはしなかったものの、2005年頃からTokyopop社が展開したグローバルmangaタイトルの中ではトップ級の成功作であり、コミック業界からも高評価を得た。このヒットを足がかりにして、作者のシマコヴァはフルタイムのmanga系コミックアーティストとして身を立てる事となった。


竹熊氏のスコピル評は一から十まで間違っている…以前にまともに作品を読まずに語ったもので問題外なのだが、『オタク≒非モテ』という先入観で北米産manga系作品を読んで驚いたという点に関しては共感しないでもない。

YenPressのmangaスタイルコミカライズ

Gossip Girl Gossip Girl: For Your Eyes Only #2

まー、「ビジネス上の必要に迫られた海外進出」で「英語圏、しかも北米」しか頭にないってのも当節いかがなものかと思っちゃったりするんですが、それはさておき。

日本産マンガの英語圏翻訳出版ビジネス、あるいは日本人漫画家の英語圏進出の基盤として、現地において『(広義の)manga系作品』読者が増える事、つまりは過去のmangaブーム時のような10代ギーク女子だけではない幅広い読者にmangaを読む習慣をつけさせる事は必須な訳です。

で、数年前からそれに励んでるのがHachette社のmanga出版部門YenPress レーベル。

月刊誌Yen Plus では、人気作家ジェームズ・パターソンのヤングアダルト小説『Maximum Ride』を韓国人漫画家NaRae Leeにコミカライズさせた作品を皮切りに、英米の人気小説のmangaスタイルによるコミカライズを続々と制作して一定の成果を挙げている。

初期はショージョmangaファンにとっても親和性の高いパラノーマル要素を含んだヤングアダルト小説(こっちでいうラノベ)を原作に選んでいたが、それが成功した処でファン層を広げる為か、非ギーク系のいわゆるChick litジャンルに属する作品、『Gossip Girl』のコミカライズ展開を始めた。

当サイト内の関連記事:とうに黄昏を過ぎて  2009-01-22

このコミカライズ路線、前述したシマコヴァがパターソンの『Witch & Wizard』を手がけたりもしてますが、作画担当として選ばれるのは韓国や中国語圏の漫画家が圧倒的に多い。

理由としては、日本の漫画家を起用するより中韓の漫画家の方がギャラも安く、先方の担当編集者に英語の堪能な者が多い為に打ち合わせもやりやすい等、コストパフォーマンスが良いからという処でしょう。

YenPress側も北米作家の存在を無視している訳ではなく、持込やコンペで門戸を開いているものの、即戦力として起用できるレベルの人材はなかなかおらず、現状ではマンガ作画作業に習熟した中韓作家だのみになってしまっている。


「右開き/左開き問題」ですが、Yen Plusが紙雑誌だった時代は「表1表4ダブル表紙」で日本産漫画は右→左進行、マンワ・マンファ及びOELmangaは左→右進行という処理をしてました。
その後紙雑誌版が休刊、Webマガジンとしてリスタートしたので、そういう編集・製本上のややこしい問題からは開放されました。

付記)その後2013年12月をもってウェブマガジンは休刊。
紙版で2年、デジタル雑誌に移行してから3年というのは、英語圏の漫画雑誌としては相当頑張った方だと思いますが。

意外な伏兵ハーレクインコミックス

Raintree: Inferno

Raintree: Inferno

[author]Kazuko Fujita [original]LINDA HOWARD

ところで実は「日本産漫画作品を非オタクの一般海外読者に売り込む」という点で一番果敢な挑戦をしているのは、天下のハーレクイン社なんじゃなかろーかと思っています。

主として英語圏の作家の書いた女性向けエンタメ小説を日本の漫画家にコミカライズさせ、しかも相当な量産体制でストックを作る。
紙雑誌や紙書籍で販売する一方、電子書籍ストアで「月間コース」としてセット売りを定着させる。
更に多国語版を制作し、グローバルに電子書籍配信。kindleへの参入も早かった。

とはいうものの。他国についてはよく知りませんが、少なくとも北米のハーレクイン読者にはkindle版のハーレクインコミックは評判がよろしくなかった。

アマゾンレビューを見てみると「どう読み進めたらいいのかわからない(少女マンガ独特の変形ゴマの事か?)」「なんでテキストは左から右に読むのに、コマは右から左に読まなきゃなんないの?」と内容以前に右→左進行少女マンガの読み方が分からないという苦情が書き込まれておりまして。

賛辞を書き込んでる購入者もいるので一概には言えませんが、いわゆるmanga世代のotaku以外にとってはハンパなく読みにくい形態ではあるのだろうなと。それが「決定的な障壁」となる程深刻な問題なのかまではわかりませんが。

アルファベット文化圏産の右→左進行オリジナルmanga


右→左進行で描かれたドイツオリジナルmanga。日本語版はテキスト横書きで読み難い…

というのも、若いmanga-kaワナビの描く作品には、自国語で描いていながら右→左進行で、効果音をカタカナ・ひらがなで書き込んでるのが結構あるので。

「粋がって『本場風』に描いている」とか「mangaというのはそういうものだと思っている(山ほど出ている『mangaのかきかた』ハウツー本にそう書いてある)」とか「いずれ日本で出版される事を夢見てる」とか理由は色々でしょうが。


例えば同じTokyopop社による「グローバルmanga」 でも、ロサンジェルス社による英語圏作家作品は左→右進行なのに、ドイツ支社による作品は右→左進行だったのですよ。

ドイツに関しては、もともとの現地産コミック作品が少なく、「若者向け漫画作品=日本産manga」となって右→左進行が「基本フォーマット」になってしまったとか、右→左進行日本漫画を連載していた紙雑誌の『DAISUKI 』が2003年から2012年までの長期にわたって刊行され、現地の新人作家も雑誌のフォーマットに合わせて右→左進行で描くのを当然のように受け入れていたとか、要因は一つではないのでしょうが。(最近は左→右進行のオリジナル作品も刊行されています)

付記1)同じ独TPから刊行された同じ漫画家の単行本でも、Anike Hageのオリジナル作『Gothic Sports』は右→左進行、コミカライズ作品の『Die Wolke』は左→右進行。
Inga Steinmetzのオリジナル作『Alpha Girl』は右→左進行、コミカライズ作品の『FMFM』は左→右進行。
mangaファン向け作品は右→左進行が当然、原作小説の延長として出す出版物は左→右進行と適宜描き分けているのかもしれない。

付記2)ちなみにドイツ語圏のWeb mangaポータルanimexx.deをざっと見る限り、右進行左進行が混在してさしたる問題もない様子。

そんなこんなでフォーマットをどうする「べき」なんて分からないけど、いずれ電子書籍中心の世の中になったら、自然とテキスト横書き左→右進行に流れるんじゃないかなとは思いますよ。

ただしナンボ縮小したとはいえ、今現在「フルタイムのmanga家で食える」市場は圧倒的に「縦書き右開きの日本」なんですけどね。


オイラ的には、「日本産漫画の北米での販売」に必要なのは、各社共同ルールの「細か~~いレーティング分け表示」なんじゃねーかと思っとります。

どういう層(年齢性別だけでなく、宗教戒律や学歴・ライフスタイル)に売り込みたいかをまずきっちり決めて、レーティングにそったローカライズを施す。
オリジナル厨のマニアの言うことになんぞ耳を貸さなくてよろしい。オリジナルが読みたかったら日本語の勉強せいや!の一言で済ませる。スキャンレーションは情け容赦なく刈り取る。

「グローバル」な作品作りについては、VIZが行っている海外新人漫画家コンペの成果が形になるのを待ちたい処。ノウハウが確立されれば世界市場に挑みたい日本人作家にも恩恵はあるだろうし。

付記1)スヴェトラナ・シマコヴァがキャラクターデザインを担当した、カナダのmanga-ka志望の少女を主人公にしたアニメMy Life Me放映当時の特設サイトでは、「mangaの描き方講座」レッスンというコンテンツがあった。
そのレッスン9 レイアウトの巻 では
「Traditional manga from Japan is read from right to left, but you can create yours left to right, as you wish.(伝統的な日本の漫画は右から左に読むけど、あなたは自分の好きな方向に読ませるレイアウトを選んで描けばいいのよ)」
と教えていた。

付記2)同じOEL-mangaでもSeven Seas Entertainmentの作品は右→左進行ジャパニーズスタイル。
あんまりきっちりチェックしてないけどスペインmangaは左→右進行が多いが右→左進行も混在。
フランスは左→右進行。ウェブコミックではフィリピンの描き手のものには右→左進行が多いような印象。