蜘蛛之巣城

人外娘アクションゲーム『Pale Blue ペールブルー』続報(4)デモプレイとリリース予定(仮)

2016年5月版デモのインプレッション

インドネシアの特撮ヒーローものオマージュ2Dアクションゲーム『Pale Blue ペールブルー』ですが、2016年5月に改良版のデモが配布、プレイ動画の投稿も許可されていますので、改良版の技紹介など。

デモ版はオンラインストレージMEGAsyncに置かれています
Public Demo: Combat and Basic Exploration for Windows
Public Demo: Combat and Basic Exploration for Macintosh
(デモプレイ用データの解凍時パスワードは"ellenpaleblue")

まずは基本技

html5 video format by EasyHtml5Video.com v3.5
Light attack(軽攻撃)→ Heavy attack(重攻撃)→ Eat(捕食)

常時発動で使い勝手が良すぎたEatは、敵をピヨらせてからでないと不可になった。

html5 video format by EasyHtml5Video.com v3.5
Jump attack combo(ジャンプアタックコンボ)→ Drill(ドリルスピン)

ジャンプ中に軽攻撃を連打すると浮遊移動しつつの攻撃ができる。

html5 video format by EasyHtml5Video.com v3.5
Volcanic sword(ボルケーノソード)→Tentacle pull(触手引き寄せ)→Laserbeam(レーザービーム)

スキルトリガー+軽攻撃でTentacle pull(触手引き寄せ)、 スキルトリガー+重攻撃でLaserbeam(レーザービーム)、 スキルトリガー+捕食でVolcanic sword(ボルケーノソード)

html5 video format by EasyHtml5Video.com v3.5
juggernaut(ジャガーノート)

重攻撃型形態の「ジャガーノート」への変身。

全体的な感想を言うと、基本的な移動モーションが地に足が着いてなくてスカる感じなのと多段ジャンプによる回避が便利すぎるのは難点かなと。まぁ難易度調整はこれからだから…。

オマケ


ボタン配置(仮)はこんなかんじ~

ニコ動にプレイ動画をあげてる人たちもいるので、通しプレイはそっちを見てねと。

開発スケジュール(仮)

肝心の本編ですが、公式ブログによると背景を擬似3Dにしようとしたせいで開発が大幅に停滞していたものの、2016年に入ってからようやくリリースの目途がたってきたようです。

※ 1月 公式サイトにフォーラム開設、及び公式ブログ開始。 クラウドファンディング出資者限定でテスターの募集開始。
※ 3月 開発スケジュール(仮)発表。
※ 4月 ゲーム本編への登場権を含むコースへの出資者にアバターモデル画像の送付呼びかけ。
※ 5月 ジャガーノート形態への変身を含むデモ版が投資者限定で配布。
※ 6月 デモ版の一般配布及びプレイ動画の公開許可。

3月に発表された開発スケジュールでは「4月に第一弾デモ」「6月の末に登録テスター用デモを開始」「7月下旬~8月下旬アーリー・ベータ版リリース」だったので、 おおむね予定の二ヶ月遅れくらいで進んでいるっぽい。
年内発売は守れてもギリギリか…?

付記)2016年8月末のアナウンスでは2016年内のリリースを目指すが最悪の場合2017年にズレ込む可能性有りとの事。

Tinker Games社の近況

Tinker Gamesは新たにJRPGスタイルのLegrand Legacyという作品の開発に入っていて、 手間のかかる作品2ライン抱えてるからSNSや掲示板のアナウンスが遅れ気味でも過度に心配することはないと思う…多分。
広報担当はゲームショウまわりで忙しいしね(しかし月イチの進捗報告は疎かにせんでほしいが)。

※ ちなみにTinker Games は昨年に続き2016年の東京ゲームショウAsia New Stars Areaに出展したが、今回のメインはやはりLegrand Legacy。 JRPGスタイル作品なら日本市場を営業的に重視するだろうから当然といえば当然か。
(パブリッシャーがSEMISOFTでデベロッパーがTinker Gamesってことらしい? )

参考外部サイト:Legrand Legacy公式サイト

2016/12/19 追記:Tinker Gamesが開発担当予定のLegrand Legacyのファンディング未達終了。
数社合同企画の大作なので体勢を整え直して再度別の方法で資金調達すると思われる。
これでPBに割ける人手が戻ってきて開発が加速するといいんだが…(LLもPBも明らかに広報部門に人員が足りてないんだよね)


2017/01/19 追記2:ってか、さっき公式サイトを見たら昨年12月17日に投資者数769名、最終獲得額£65,268(達成目標額は£85,000)で未達終了したのに、 今日またKSで新たに(達成目標額は£40,000)ファンディングページ立ててる…後日Indiegogoでやるとは予測してたんだが。
しかも日本人ユーザー向けのkickstarterページまで特設してる…。

本当に(PB以上に)日本市場を重視してたんだな…。でも日本のゲーマーにはぜんっぜん届いてないよ?
日本のオタクはfacebookやInstagramを反吐が出るほど嫌ってるし、ゲーム実況はniconico中心だっていう情報は海外では知られてないのかな?

一新された公式サイトからは以前はあったTinker Gamesのロゴが消えて、 "Legrand Legacy and all it's affiliated intellectual property rights are owned by SemiSoft & Tinker Games"の著作権表記もなくなっている。

これはパブリッシャーのSEMISOFTが自社開発することになった??!!かと思ったのだが、
メインプログラマーのEveraldo SembiringとアートディレクターのArchie AdiartamaはTinker Games所属のはずなので、表記を入れ忘れたか、あるいは意図的に伏せたか…?