『たたかうくるま。』日記帳

主にTFGF本放送時の過去日記まとめ

   

白馬の王子は救助ヘリ

また更新してしまいました。てへ。
だって、ここんとこのTFギャラクシーフォースの展開が凄いんですもの~。ビデオが、ビデオが消せ~んっ!

怪しさ爆発MIB、フランクリン大佐の過去発覚。
幼い頃に助けてくれたライブコンボイのお陰でトンデモ道にハマり、それが昂じてMIBに。

そ、そんな理由で軍属になったんですか。そして大佐まで出世して、祖国の非常時に職権乱用しまくり、と。純情とか一途とかいう次元の問題じゃないぞ。ルーシー教授より上手のトンデモ野郎だ。

それにしても、ライブコンボイも罪作りな。放映初期から思わせぶりにサイバトロンの周辺をウロウロしていた怪しいMIBのコワモテおじさんは、少年時代の丘の上の王子様・ライブコンボイの姿を求めていたのね(笑)。

あー、でも、私が死ぬほど好きな萌えシチュ「少年とロボットの運命の出会い」を、物語が始まる20年も前に繰り広げてくれてたのか。
ライブコンボイ×オートボルトも良いが、ライブコンボイ×フランクリン大佐も良いですな。そのうち大佐を操縦席に乗せてやってね、ライブさん。


ライブさん、あの誰に対しても丁寧語しゃべりといい、紳士的だけど紳士じゃない性格といい、左腕のヘリローターといい、人間の少年に妙に優しいところといい…。あなたもしや、ボルフォッグの親戚?2005年の日本では、ちょうどGGGがゾンダリアンと死闘を繰り広げている最中だしねぇ。

ライブさんがフランクリンに、小首をかしげながら「見違えたよ」と微笑むシーンには萌えましたが、Bパートではサンダークラッカー相手にも王子様笑いしてるし(そしてその直後に、ホーミングミサイルで情け容赦なくボコったんだろうねぇ)。味わい深い変人振りだ。

付記)あれ、そういえばライブさん、サンクラ相手には「わたし」って言ってたぞ。他人行儀な時は「わたし」なのか?

そして、じゃじゃ馬(つーか、セイレーンだよな)デストロン・クロミア登場。
女性型TFは子供に売れないんで、冷遇されがちですが、また乙女部隊も活躍させて欲しいねぇ。できれば正義にめざめてサイバトロンに寝返ったりせず、今後も気の毒なドレッドロックを翻弄しまくって欲しいもんです。

ところであのクロミアの変形プロセスってどうなんでしょ。美少女戦士のようにハートを飛ばしながら、華麗にポーズをキメてますが、実際は背中にしょったカラの船体にヒト型ボディを収納しただけってーのは、ちょっと購入意欲がわきませんな。ロボモードは結構器量良しなんだけど(ビークルが「工作船」って、リアルに嫌)。


そしてそして、マスターメガトロン様復活(+ランドバレットとガスケットの感動の再会。美しい友情だっ)、フレイムコンボイ様御一行と共に地球に御到着♪
新兵器デスマシンガン、物凄い威力ですが、デザインがちょっとマヌケ。そのマヌケマシンガンで、ファストエイド・エクシリオン・バックパックが瀕死の重傷⇒Newボディに転生。…トイの画像を見ちまったんですが、かなり凶悪なデザインになるモヨウ。火力過多な感じでバランス悪。

ファストガンナーもミサイル系か。フォトンビーム好きだったのに~。でも、発光&サウンドギミック搭載なんて、主役ロボ並の優遇だね。大出世じゃん、ファストエイド。
とは言うものの、せっかくエクシリオンのお守りをニトロコンボイに押し付けたのに、またチームを組まされるのか(笑)。
ニトロはオートボルトと意気投合しちゃったモヨウ。ファスたん、苦労が絶えないねぇ。

付記)ギガバニッシャーはビーム兵器でした。よしよし。でもファスたんってば、すっかり人相悪くなっちゃって…。


更に、ガードシェルとデモリッシャーの因縁も発覚。もともと密かにデモりん贔屓だった上に、M伝の「過去(前後編)」エピソードが死ぬほど好きな私は大喜び。次週以降には、遂に、遂に愛しのプルドーザー兄貴の活躍が観られるのでしょうか。観られるんでしょうね!観られなきゃいい加減怒るよっ!!

今週は久しぶりに秘密基地からのワンダバな出撃シーンもあったし、大好きな非戦闘員民間トランスフォーマー君達も活躍してくれてますし、まんべんなく楽しかった~。